スチールウールの活動記録

初心者に向けて(私もだけど)電子工作やプログラミングや関連することをいろいろ。

BoostとQt5とOpenCVを組み合わせてCMake

前回、簡単にCMakeの使い方を書きましたが、今回はライブラリを組み合わせたいと思います。

使うライブラリ

使うライブラリはBoost1.57.0、Qt5.4、OpenCV3.1です。Visual Studioで使おうとすると設定はとてもめんどいです。なのでCMakeを使いましょう。
(QThreadを使わないでBoostのThreadを使う理由は、QThreadがよくわからないです…)

今回使うファイル

今回はいくつかファイルがあるのでGitHubを参照してください。

ソース

FIND_PACKAGEでライブラリを見つけ、TARGET_LINK_LIBRARIESで、プログラムにリンクします。 QT5_WRAP_UIでqtのuiファイルをリンク、QT5_ADD_RESOURCESでqtのresourcesファイルをリンクします。 Windowsで使うときはADD_EXECUTABLEにWIN32、TARGET_LINK_LIBRARIESにQt5::WinMainを追加します。

実行すると、ウィンドウが出てきて、カメラから画像が取得できると思います。