スチールウールの活動記録

初心者に向けて(私もだけど)電子工作やプログラミングや関連することをいろいろ。

WindowsでOpenCV3.1をCMakeを使ってインストールする

前にOpenCV3.0を、配布されているexeを使ってインストールして使いました。今回はCMakeを使ってインストールし、さらにエクストラモジュールもインストールしてみます。

必要ファイルのダウンロード

OpenCVの公式サイトにある OpenCV for Linux/Mac をダウンロードします。

そして、OpenCVのエクストラモジュールをダウンロードします。

github.com

ここにアクセスし、右上にある Download ZIP をクリックすると、ダウンロードが始まると思います。

今回はCMakeを使うのでインストールしときます。

CMake

ダウンロードしてきたファイルを2つとも解凍します。 CMakeを起動し、Where is source code に解凍したOpenCVのフォルダを指定し、 Where to build the binaries にOpenCVフォルダのパス+/build を指定します。(例:/path/to/opencv-3.1.0/build)

指定したらConfigureを押します。すると、設定項目がたくさん出てきます。

CMAKE_INSTALL_PREFIXを変えると、そこにOpenCVがインストールされます。ここをC:/opencv310に変更します。

OPENCV_EXTRA_MODULES_PATHにさっきダウンロードして解凍したエクストラモジュールの中にあるmodulesフォルダのパスを入れます。

(Pythonがインストールされている人はここでBUILD_opencv_python2にチェックが入っていると、OpenCVをビルドするときにデバッグモードで失敗してしまいます。デバッグモードでOpenCVを使う人は外しておきましょう)

もう一度Configureを押します。すると設定が反映されます。 設定に問題がなければGenerateを押します。

インストール

buildフォルダの中にOpenCV.slnができていると思います。ダブルクリックするとVisual Studioが開きます。

Visual StudioのソリューションエクスプローラにあるCMakeTargetsの中にあるINSTALLを右クリックしてスタートアッププロジェクトに設定をクリックします。 これでデバッグ・リリースモードでビルドすればC:/opencv310にOpenCVがインストールされると思います。

インストールが終わったら環境変数のpathに、c:/opencv310/x64/vc12/binを追加します。

これでOpenCVが使えるようになると思います。